浮世絵を楽しむ 【江戸日本橋 葛飾北斎 富嶽三十六景】  

日本の昔のアート

日本の文化 浮世絵を楽しむシリーズ

絵のレッスンのお仕事以外に和綴じ本や浮世絵の修復のお仕事の日々。

高価な北斎画を触るときはちょっぴり緊張します。

そんな北斎画の富嶽三十六景から

北斎画の富嶽三十六景  江戸日本橋について

江戸日本橋

南北に架かった日本橋から望見した、真西の夕空に姿を見せる零峰富士を描いている。

日本橋(長さ約二八間(約五十メートル「江戸名所図会」)は、繁栄した江戸の中心にあり、シンボル。

日本を東西に縦走する東海道や中仙道など主要線道路の起点でもあった。

橋上は従来の人々で雑路をきわめ、両岸の倉庫は全国からの荷船ではちきれんばかり。

当時をおもわせる、大きな荷物を満載した大八車、天秤棒、材木など様々なものがある。

中央の城は、江戸城で本丸は明暦(1957年)に焼失している

この時代に遠近法という概念はあったのだろうか。

もしくはこの西欧的な技法が、すでに日本にはいってきていたのだろうか。

科学的な理論による西洋の遠近法は、江戸時代後期に日本に広まったといわれている。

葛飾北斎ほかに歌川広重、歌川豊春らも遠近法、透視図法を用いている。

この方法を見出したとき、絵師たちはかなりの衝撃だったのではないだろうか。

この江戸日本橋の面白いところは、ただリアルに遠近法で描いているだけではない、遊び心たっぷりな部分が多々ある。

曲線の川に合わせて焦点位置がずれている。リアルに考えると焦点位置のズレはかなりはげしいが、そこに活動的な動きや面白みを感じる

この図柄の地平線はどこだろうか

富士山の足元は雲で覆われて、お城の足元も雲に覆われている。

周りの建物や川からみる焦点位置は、ほぼ図柄の中心にある

一般的に地平線上に焦点位置は来るものだが。

ともすれば空に浮かぶお城と富士山とも感じあられる絵柄になっている。

川を縦に見て、左右のに倉庫を左右対称に描き、その上にお城、左へずらして富士という構図。

日本橋の模様をダイナミックに切り取り、静かに佇む円形の江戸城と富士山との二分化により「動」と「静」の対比をさせているとの解釈もある

江戸日本橋とあるが、日本橋の橋を絵のメインに描かず、橋の上の人物を画面したに描いているところが面白い。

色合いも白い倉庫と雲のバランスが、夕焼けの落ち着きを感じさせるようで、橋の上の人物や船の荷物の濃い色が雑踏の雰囲気を盛り立てている。

浮世絵に多い、画面上部の濃い青と川の青色が、まだ一日の活動は続いていると思わせてくれる。

絵の二分化は、絵を描くうえでかなりの冒険になるが、大胆な二分化にもかかわらず一枚の風景としてまとまっているのも不思議だ。

修復という作業がなければ、こうやって一枚ずつをしっかり見るということはしなかったと思う。

販売用の複製品などは三十六景としてさらりと見ることが多く、こうやって、しっかり見るといろいろな発見があり面白い。

(自由テキスト)

現代の日本橋

現在の日本橋は。

日本橋 | 東京とりっぷ

東京都中央区にある「日本橋」

日本橋川にかかる橋。

道路元標があり、日本全国の道路網の起点となっている。

江戸時代に徳川家康の命により、初代の木造橋が架けられて以来、焼失や再建を経て、現在の橋は20代目のものと言われている。

1945年の東京大空襲により被災、1963年には日本橋の真上に首都高速道路が建設された。

1999年に国の重要文化財指定を受け、2005年には日本からトルコとブルガリアとの国境付近に至る「アジアハイウェイ1号線」の起点となっている。

Nihonbashi bridge in Edo

海外の方にもお伝えしたく、つたない語力ではありますが英訳でざっくり書いておきました。

Nihonbashi bridge in Edo

Nihonbashi(Approximately 28 rooms in lenghNihonbashi (about 28 meters long [about 5 meters]),a river .

As you can see in the foreground, the river with heavy traffic of local residents was the center of Edo City, which is the seat of the Tokugawa Shogunate administration (1603-1867).

Mt.Fuji as viewed from Nihonbashi bridge “The Thirty-Six Views of Mt.Fuji”

While the bridge spans the north and south, Hokusai draws Mt. Fuji in a distant view far beyond Edo Castle and stands proudly in the evening sky.

Buildings along the river are warehouses for rice and other products being brought to Edo by ships from all over the country.

This print incorporates Hokusai’s Western perspective.

まとめ

浮世絵の修復をする際、同じ時代に使用された和紙を使うのですが。

使用されたといっても、どう時代の浮世絵の図柄が虫食いや湿気で販売対象にならなかったものを補修用として使う、いわゆる切り崩し。

必要ではあるけれど、その時代の浮世絵、いわゆるオリジナルといわれる商品は再生産できないもの。

切り崩すとき(使用するとき)、これでこの時代の宝物が一枚減るんだなと思いに少々寂しくなるものです。

その時代の風景や生活習慣をリアルに感じさせてくれる浮世絵に感謝です。

繁栄期の江戸時代、日本橋の橋の上での活気を味わってみたいものです。

久々に日本の昔の映画でもみて浸ってみようかな。

APEXレンタル

コメント

タイトルとURLをコピーしました